ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

国保組合の保険料

当国保組合の保険料(月額)は下記のとおりです。

保険料
種別 a b a+b=c d c+d=e
基礎賦課額 後期高齢者
支援金等賦課額
合計(月額) 介護保険料
(注)
介護該当者
合計(月額)
本人 23,000円 5,000円 28,000円 5,500円 33,500円
家族 8,500円 5,000円 13,500円 5,500円 19,000円
本人 20,000円 5,000円 25,000円
〔事業主 半額負担〕
5,500円 30,500円
家族 8,500円 5,000円 13,500円 5,500円 19,000円
後期高齢者組合員
(75歳以上)
2,000円        
  • (注)介護保険料は40歳から65歳未満の方(第2号被保険者)に納めていただきます。

保険料は年齢に応じて下記のとおりになります

40歳未満の方
下記2つの合計額を保険料として納めます。

  • a 基礎賦課額
  • b 後期高齢者支援金等賦課額
  • c 保険料

★介護保険料の負担はありません。

40歳~64歳の方 介護保険の第2号被保険者
下記3つの合計額を保険料として納めます。

  • a 基礎賦課額
  • b 後期高齢者支援金等賦課額
  • d 介護保険料
  • e 保険料
年度の途中に40歳になる方の保険料

介護保険料は、40歳到達日(誕生日の前日)の属する月分から納めることになります。

65歳以上75歳未満の方 介護保険の第1号被保険者
下記2つの合計額を国保の保険料として納めます。

  • a 基礎賦課額
  • b 後期高齢者支援金等賦課額
  • c 保険料
年度の途中に65歳になる方の保険料

65歳に到達した場合は、誕生日の前日の属する月分から介護保険料を市区町村へ納めます。

基礎賦課額

療養給付費(医療費)や保健事業費等、当組合の支出に充てます。

後期高齢者支援金等賦課額

社会保険診療報酬支払基金への「後期高齢者支援金」の支払額に応じて、大阪府の指導により、当組合の被保険者数で按分して保険料の額を決めています。後期高齢者(75歳以上の方)が増える等の要因によって「後期高齢者支援金」の支払額が増えれば「後期高齢者支援金等賦課額」も増えることになります。

後期高齢者医療制度の負担の仕組み

介護保険料

当組合に割り振られた「介護納付金」の支払額に応じて、大阪府の指導により、当組合の40歳から64歳までの被保険者数で按分して保険料の額を決定しています。「介護納付金」の支払額が増えれば、「介護保険料」も増えることになります。

●保険料について

  • 保険料の口座振替は、毎月24日(休業日の場合は翌日)です。
    預金口座の資金は、前日までに必ず確認し、振替不能にご注意ください。
  • 正当な理由がないのに、3ヵ月以上保険料を滞納すると除名処分を受けることがありますので、ご注意ください。
ページトップへ