ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

国保組合のしごと

 当国保組合は「保険給付」と「保健事業」を行っています。

保険給付 
~医療給付を中心に~

病気やけがで病(医)院で受診するとき、保険証を提出すれば、診察、薬、検査、手術、入院等に要する費用の7割を国保組合が負担します。ただし、小学校入学前までの乳幼児は8割。70歳~74歳の方は8割(昭和19年4月1日以前に生まれた人は9割)、なお、現役並み所得者の方は7割。支払額が一定額を超えた場合は高額療養費の対象となる場合があります。

保健事業 
~健康づくりのために~

被保険者の疾病予防、健康の保持・増進のために、各種の事業を行っています。

ページトップへ