ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

立て替え払いをしたとき

療養費として払い戻し

急病や事故などのため、やむを得ず保険証を提示せずに診療を受けたとき、医師の指示によりコルセットなどの治療用装具を作製したとき、海外で病気やけがで診療を受けた場合など、費用の全額を自己負担した場合、申請により支払われた額のうち保険で認められた費用の当国保組合分が療養費として支給されます。なお、給付を受ける権利は2年を経過すると時効となりますのでご注意ください。

療養費

給付内容

次のような場合で、療養の給付(保険証の使用)を受けられなかったときには、療養費の支給申請をしてください。支払われた額のうち保険で認められた費用の国保組合負担分を支給します。

項目 内容 必要な書類
診療費
  • ①緊急、その他やむを得ず、保険証を提出できなかった場合
  • ②保険加入手続き中に受診した場合
  • ・療養費支給申請書
  • ・診療内容明細書
  • ・領収書(原本)
治療用装具
  • ③コルセット等の補助装具を装着された場合
  • ・療養費支給申請書
  • ・領収書および明細書(原本)
  • ・医師の意見書および装着証明書
  • ・靴型装具の申請の場合は当該装具の写真(患者が実際に装着する現物であることが確認できるもの)
柔道整復師術
  • ④柔道整復師に施術を受けた場合
  • ・療養費支給申請書
  • ・領収書(原本)
  • ※療養費払いが原則ですが、保険証による受診も可能です。
はり・きゅう
  • ⑤はり・きゅう術を受けた場合(医師の同意を得た分のみ)
  • ※給付を受ける権利は、2年を経過すると時効となりますのでご注意ください。

手続き

療養費をご請求される場合の必要書類をご案内します。

必要書類
ページトップへ