ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

病気やけがで受診するとき

病気やけがをしたとき

病気やけがで病(医)院で受診するとき、保険証を提出すれば、診察、薬、検査、手術、入院等に要する費用の7割相当額を当国保組合が負担します。当国保組合の自己負担割合は下記のとおりです。
また、支払額が一定額を超えた場合は高額療養費の対象となる場合があります。

医療費の自己負担割合
区分 自己負担
甲種組合員 3割
乙種組合員 3割
家族 3割
義務教育就学前まで※1   2割
70歳以上の方 一般および低所得者 昭和19年4月1日までに生まれた方 1割
昭和19年4月2日以降に生まれた方 2割※2
現役並み所得者※3 3割
  • ※1 「義務教育就学前まで」とは、6歳に達する日以後、最初の3月31日までとなります。
  • ※2 70歳の誕生月の翌月(ただし、各月1日が誕生日の方はその月)から2割になります。
  • ※3 現役並み所得者とは、課税所得145万円以上の方です。
  • ※外来・入院とも同じ負担割合です。

75歳以上の方は、詳細については各府県の後期高齢者医療広域連合へお問い合わせください。

ページトップへ