ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

医療費が高額になるとき

高額療養費

保険による一部本人負担金(負担限度額)が下記の金額を超えた場合に、その超過分を支給します。

自己負担額の計算基準

  • 1.暦月ごと
    月の1日から末日までの受診について1カ月として計算します。
  • 2.病院・診療所ごと
    複数の病院・診療所に同時にかかっているときは、合算せず別々に計算します。
  • 3.同じ病院・診療所でも歯科は別
    同じ病院・診療所に内科などの医科と歯科があり、同時にかかっているときは、同じ病院・診療所であっても、内科などの医科と歯科とは別の病院・診療所として扱います。
  • 4.入院と通院は別
    同じ病院・診療所でも、入院と通院とは別扱いにし、合算せず別々に計算します。
    なお、入院中の食事にかかる自己負担金は、高額療養費の対象になる自己負担額に入りません。
  • 5.保険診療外は対象外
    保険診療の対象とならない入院時の差額ベッド代や、個人で特別につけた看護費用などは、高額療養費の対象になる自己負担額に入りません。
給付
高額療養費 窓口自己負担額
(入院時の標準負担額を除く)
自己負担限度額

申請には、世帯全員(※)の所得を証明する書類が必要です

手続き

該当者は当国保組合より必要書類を送付いたします(ただし、該当していてもシステム上通知できない場合がありますので、通知が届かない場合は申し出てください)。
年度内で最初の申請時には世帯全員(※)の所得証明書(該当年度分)が必要です。

  • (※)世帯全員とは薬剤師国保組合に同一記号・番号で加入されている被保険者全員です。

自己負担限度額(70歳未満の方)

所得により、5段階の自己負担限度額が設定されています。(月額)
区分 基礎控除後の総所得 自己負担限度額 年4回目以降
上位所得者 901万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
600~901万円以下 67,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
一般 210~600万円以下 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
210万円以下 57,600円 44,400円
低所得者 住民税非課税 35,400円 24,600円
  • ※部屋代や歯科の差額分等保険対象外のものおよび入院時の食事に要する標準負担額は、高額療養費の対象となる費用に含まれません。
  • ※70歳以上の方の給付・自己負担については下記を参照してください。

病院の窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき

入院・外来診療ともに事前に当国保組合に申請し、限度額適用認定証の交付を受けておけば、病院の窓口での支払いが自己負担限度額までで済みます。

必要書類
ページトップへ