ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

在宅医療を受けるとき

厚生労働大臣の定める疾病により、居宅において指定訪問看護を受けた場合、算定費用の7割(義務教育就学前は8割)を当国保組合が負担します。

訪問看護療養費

患者がかかりつけの医師に申し込み、その医師が最寄りの訪問看護ステーションに指示します。その指示書をもらい、直接、指示された訪問看護ステーションに申し込むことにより、訪問看護が受けられます。

給付
  給付 自己負担
訪問看護
療養費
かかった費用の7割を給付 かかった費用の3割を自己負担
(義務教育就学前は2割)
  • ※利用料については、高額療養費の支給対象となっています。
  • ※70歳以上の方の給付・自己負担については下記を参照してください。
ページトップへ